簡単操作ができるGoogleアナリティクス|マーケティングで必須

閲覧数の多い時間が分かる

案内をする女性

ウェブ上での広告マーケティングを行なうためには、自社のサイトを見る人がどの時間帯に集中して閲覧しているか把握する必要があります。アクセスが集中する時間帯さえ分かれば、どのような人がサイトを閲覧しているかが分かるでしょう。午前中にアクセス数が伸びていれば、家にいる専業主婦や高齢の人が閲覧している可能性があります。正午の時間帯であれば、昼休み中に携帯電話を利用している会社員であることが考えられるでしょう。午後の四時から六時の間は、学生が自宅へ帰宅する時間帯と重なることから、十代の人が多くアクセスしている可能性が高いのです。サイトを閲覧している人の年齢や職業が分かれば、サイトをターゲット層に合わせてリニューアルし、更に高い広告効果をもたらすことができるのです。Googleアナリティクスでは、この時間帯ごとのアクセス数もしっかりと調べることができます。広告において最も重要なのは需要のある層を把握することです。Googleアナリティクスを用い、効率的なマーケティングを行ないましょう。

Googleアナリティクスで時間帯別のアクセス数を調べることは、ウェブの更新や修正などを行なう場合にも活用できます。ウェブの情報を最新のものに更新する場合、最も多くの人がアクセスしている時間帯に行なうと効果的です。たくさんの人の注目を集められるだけでなく、頻繁に更新を行なっていることをアピールすることで、サイトが適正に運営されていることを印象づけることができるでしょう。期間限定のサービスに関する情報など、アクセスが集中する時間に更新することでより高い広告効果が得られます。他にも、Googleアナリティクスによってアクセスが集中しない時間を見つけ出せれば、サーバーの脆弱性のある箇所を改善することもできます。改善している間はアクセスできにくくなりますが、閲覧数が少ない時間帯に行なうことで苦情を受けることも少なくなるでしょう。