簡単操作ができるGoogleアナリティクス|マーケティングで必須

訪問者の所在地域を把握

キーボード

インターネットは、全国の都道府県のどこでも情報を手に入れることができます。ウェブ広告を行なう場合、全国規模で事業展開をしている会社であれば、最適な広告の方法となるでしょう。しかし、一部地方で営業を行なっている会社ならば、こうしたインターネットはあまり効果的な広告とはならないように思えるでしょう。インターネットで大々的に広告を行なったとしても、わざわざ他県から会社の商品を買い付けることはないものです。大規模な物流倉庫を持っている会社ならば、通販によって全国規模での商売も行なえます。地方の小売店で商売をしている会社であれば、地元での利益しか得られないので広く全国に情報を拡散する必要はありません。ウェブ広告を行なった場合、地元の人がアクセスしてくれているかどうか、マーケティングによって調べる必要があるのです。Googleアナリティクスを利用すると、どの都道府県からアクセスがされているかがわかります。商売をしている地元からしっかりとアクセスされているかどうか、Googleアナリティクスによって一度調べてみましょう。

Googleアナリティクスの機能であるユーザーのメニューから、地域をクリックすることで、閲覧者がどの地域からアクセスしているかがわかります。市区町村ごとの詳しいアクセス数をしっかりと把握することができるので、目標とする都道府県への広告マーケティングも行なえるようになるでしょう。商売をしている地域からのアクセス数が少なければ、目標の地域に関する何らかの情報をサイトに盛り込むことで、都道府県に関する検索でも表示されやすくなります。Googleアナリティクスを利用することで、地域での商売している会社でも問題なく、ネットでの広告を行なうことができるでしょう。